ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

スタッフ紹介

水戸工務店のスタッフ | 代表取締役社長   小林弘典

20140509-IMG_5337

私は 家づくりが好きです。
家をつくるという、人生で一番お金がかかる仕事に関わるようになって考えることは、私たちがつくった家に「安全に気持ちよく、そして永く住んで頂きたい」と言うことです。
日本の住まいは30年経たずに壊されているのが現状ですが、壊された家のほとんどがどうしようもないから壊した、というわけでもないのです。
使い勝手が悪いから、住み心地が悪いから、恰好悪いから、そういった理由で壊されているものの方が多いと聞きます。
家を世代ごとに建て直す、日本では当たり前に行われていますが、それが良い事でしょうか?
スクラップアンドビルドを繰り返していては、環境にも悪影響を与え、人々の生活も豊かにはなりません。
気持ちよく永く住む、手を入れ住み継ぐ、資産になる、、、欧米諸国で行われているのに日本では出来ていない。
新しもの好きと言われる日本人ですが、こと、住宅に限って言えば、戦後に足りない住宅を急激に増やすために、苦肉の策で行った思想教育に端を欲します。
確かにその時代の建物の質は褒められたものでは無いでしょう。(現在もその思想を受け継ぐものも多くありますが)
これからは住み継ぐ価値のある、受け継ぐ喜びがある、資産として考えられる、そういった住まいが増えていかなければなりません。
私たちは、安全で、省エネルギーで快適な、永く住み継ぐことが出来る家だけを創っております。

私の主な仕事は、現場での作業以外全般です。ですが、初めてこの仕事に就いたとき、現場で大工として働きました。
大工時代に忘れられない出来事があります。 ある日、父親である「棟梁」が、私の作った造作家具のチェックをしに来たときのことです。
私の技術が未熟だったために作ったものが気に入らなかったのでしょう、その家具にいきなり大きなバール(鉄製のくぎ抜き)を叩き付け、壊されてしまいました。
いきなりのことで声も出ませんでした。
一回だけバールを叩き付けたあと、父が「後はお前が壊せ」と言いました。 自分で作ったものを壊す、情けなくて情けなくて涙が出てきたのを思い出します。
この一件で、家造りに対する真剣みがグッと増しました。
本当に価値のある住まいであれば、きっと永く残るはずです。
真面目に本気で100年住宅、思い出がいっぱい詰まった、住み継ぐ価値と喜びがある、そんな家をお客様と一緒に創っていきたいと考えています。

1月の一言

 

2016年のスタートです!
今年は原点に立ち返り、お客様の幸せとは何か、幸せの器となりえる住まいをつくるために、仕事をしたいと考えています。

 

お客様一人一人に、そして少しでも多くのお客様に幸せと感じて頂けるように頑張ります!