ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

大工さん日記

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

バックナンバー

2017年07月29日

サマーイベント 地引網&バーベキュー大会を行いました!

こんにちは、水戸工務店代表の小林弘典です。

私が副会長を仰せつかっている千葉県の工務店グループ、ちば木造建築ネットワーク主催のサマーイベントとして、地引網&バーベキュー大会を行いました!

 

会場は矢指ヶ浦海水浴場(やさしがうら)のすぐ近くで行いました。
矢指ヶ浦海水浴場は日本の海水浴場100選にも選ばれた海岸です。

 

7月22日は快晴に恵まれた実に夏らしい日でした、、、、はい、非常に暑いです(^^;

ですが、海風がある分、街中よりも過ごしやすい。

 

私も朝早くから会場入りし、テントを建てたり設営の準備を行いました。

設営後、あまりに暑いので海に入って涼んでいると、足元からたくさんハマグリが見つかり、思わず夢中に、、、

2017-07-22 09.00.02_R

 

さて、これからが本番です。
矢指丸さんの協力を得て、地引網を沖に設置します。

2017-07-22 08.24.02_R

 

二手に分かれて網を引っ張ります!

2017-07-22 10.04.02_R

 

網が近づくにつれ、魚がピョンピョン跳ねだします!

残念ながら、写真には写せませんでした、、、
2017-07-22 10.14.53_R

 

網が上がるとたくさんの種類の魚がいて、子供たちも(私も)テンションが上がります(笑)

2017-07-22 10.17.07_R

 

舌平目や

2017-07-22 10.15.03_R

 

サメ(笑)

2017-07-22 10.16.20_R

 

エビにイカ

2017-07-22 10.19.28_R

 

トラフグ、残念ながら毒があるので食べれません(^^;

2017-07-22 10.21.41_R

 

カニ

2017-07-22 10.20.22_R

 

そしてこれはヤバい、アカエイ。

しっぽにシャレにならない毒のとげを持っているので、すぐに漁師さんが尾を切り離します。

2017-07-22 10.16.37_R

 

そのほか、アジやイワシ、イシモチ、セイゴ(スズキ)など、食べたらおいしい魚もたくさん捕れました。

一番の大物はなんと黒鯛!

地引網でとれるとは思いませんでした。

2017-07-22 10.32.31_R

 

釣りバカ日誌の浜ちゃんのようだ、と言われました(笑)

 

その後のバーベキュー大会も海の幸たくさんの豪勢なものでした、が食べるのに忙しくて写真撮り忘れました(^^;

 

さて、地引網の獲物は持ち帰れるのですが、私の選んだお土産は、、、アカエイのひれ!

漁師の方が、こんな新鮮なものは無いし、今が最高にうまいよ、と一押しでした。

 
家に帰って眠さと疲れでふらふらになりながらも作った煮付けは、
身ばなれも良く臭みも全くなく、納得のうまさ!
大きいものと小さいものを持ち帰ったのですが、小さいもののほうが美味しかったです。
2017-07-22 18.20.51_R

 

朝早くから準備等大変だったけど、楽しかった。
参加した方にも喜ばれたし、来年も企画してやりたいなぁ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年06月19日

日本の木で作った 木琴 の音色は?

こんにちは、水戸工務店代表の小林弘典です。

 

先日、浦安の木材市場に行ったとき、澄んだきれいな音色を耳にしました。

音に近づいてみると、その正体は、日本のいろいろな木で作った木琴。

 

ふつうの木琴といえば、同じ材種で作るので、低音から高音に行くほど音板が短くなっています。
google先生によると、音板とは木琴のたたく部分、だそうです。

 

この、日本のいろいろな木で作った木琴は、音板の長さも厚みも規則性がありません。

木の質に合わせて音が違うので、長さや厚みで調節しているようでした。

 

気に入り、すぐに注文したものがようやく手元に届いたので、早速ならしてみました!

2017-06-15 14.54.40_R
低いドから順番に、コン、コン、コン、と鳴らしていくと、ソの音で一段下がる(^^;

 

 

たたく場所を変えても、強さを変えても、音は変わらない、、、、
では調整してみよう!ということで、またしてもgoogle先生に知恵を借りました。

 

音を高くするためには、厚みを厚くするか、長さを短くするか、のようです。
厚くすることは出来ないので、短くすることに、、、

 

作業場に持ち込んでソの音板をすこーしづつ短くして調整。

2017-06-15 18.13.14_R

 

3mmほど短くして、ばっちりいい音になりました(^^)

 

今度は、きれいにドレミを奏でるようになりました!

 

ところでこの8種類の木の中でも、音の響きはもちろん違います。

中でも一番きれいな音だったのは、意外にも柔らかな木である、桐でした。

個人的には固い木のほうが美しくなるのかな、と考えておりましたが逆の結果に。

 

事務所兼モデルハウスにおいて有りますので、ご興味のある方はぜひ鳴らしてみてください。

お子さんの教育にも良いかも、、、ということで、もちろん販売もしております(笑)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月22日

入江 亘くんの大工修行年季明けの会を行いました。

こんにちは、水戸工務店の社長の小林 良三(よしみ)です。
現在は息子に社長を任せ引退という形をとりましたが、大工育成のため、棟梁として顔を出しております。

 

棟梁とは、昔から家づくりの現場における最高責任者です。

そして、若い大工さんを棟梁と呼べる人物に育て上げてゆくのが私の目標です。

 

さて、2016年12月20日 ハート柏迎賓館(旧玉姫殿)において、社員大工である入江 亘の大工見習修了式を行いました。

 

2010年4月に専門学校を卒業して、有限会社 水戸工務店に大工見習いとして入社、以来6年8か月の月日が過ぎ、

ようやく木造軸組工法の住まいを一人で造る事が出来ると認められるまでに成長してくれました。

入江 亘くんのご両親の他、当社の社員と協力業者の皆さま、約45名を見届け人として修了証授与式を行いました。

 

2016-12-20-12-21-43_r

 

6年8か月が長いか短いかは本人しか分からないと思いますが、大工として一人前になるためにはある程度の年月は必要です。

もっと早くできるようになる者もいるでしょう、もっと時間のかかる者もいるはずです。

時間の長短ではなく、覚えたか、出来るようになったか、なのです。

 

出来るようになると言う事は、体で覚える匠の技術と言われるものです。

どんなに頭が良くて覚えたからと言っても技術は身についてはおりません。

数学や国語を教室で数十人単位で一度に教える事が出来ても、職人は違います。

 

その人その人の能力もありますが、大事な事は飽きも凝りもせずに、毎日続けて行って体に覚えさせる事なのです。

今の日本で木造軸組工法の家造りをしたいと大工さんの道に入って修業をする若者は年に1000人もいないのではないでしょうか。

 

昨今の家造りでは早く簡単に、工場から運ばれてきた材料をビスで組み立てるだけで、完成してしまう家も増えてきました。

ノミも鉋も差し金も使えないような大工さんが家造りをするようになりました。

でも、新築工事だけならそのような大工さんでも困らないかもしれません。

 

ただ、新築の着工棟数が減り続ける現在、残す価値のある住まいのリフォーム、といった仕事が増えてきています。

 

構造から直していくリフォームでは、壊してみるとなんだこれは!といった現場も日常茶飯事です。

そういったイレギュラーに対応するためにもノミや鉋、差し金を覚える必要があるのです。

 

私は大工さんが棟梁になれるように、と冒頭に話しました。

棟梁は家づくりのすべてを理解していないといけません。

そのために、大工修行のスタートは片付けや掃除から。

現場の整理整頓を行えるようになって初めて、鉋、ノミ、鋸、などの手道具を使った仕事を覚えていきます。

今は機械工具の使い方も覚えなくてはなりませんが、、、
何年もかかって、墨付けや刻みなど、大工工事の神髄を学んでいきます。

そこまで来て初めて様々なことに応用が利く一人前の大工となってゆくのです。

 

そして、若い大工さんには作ることの楽しさ、長く喜ばれることの誇りをもって仕事を続けていけるよう努力します。

これからも日本の伝統工法である木造軸組工法を残す為に、一人でも多く、若い大工さんを育てて行きたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年03月15日

100年キレイ!? リクシルのアクアセラミックってご存知ですか?

こんにちは、水戸工務店 代表の小林弘典です。

 

先日のこと、リクシルの営業マンが、アクアセラミック、なるもののプレゼンに訪れました。

アクアセラミック、ご存知ですか?

簡単に言えばものすごく汚れが落ちやすく、長続きする陶器(便器)の事です。

 

少し詳しく、ということで、リクシルのサイトから引用すると、

キレイが100年つづく衛生陶器『アクアセラミック』を開発しました。「汚物」と「水アカ」の汚れを同時に防ぐという新たな性能と、「キズ汚れ」「細菌汚れ」という従来の性能をあわせ持つことでトイレの4つの汚れすべてに応えることができる世界初の衛生陶器です」

とのこと。

 

実験キットをもってきた営業マンのプレゼンタイムです。

 

陶器の上に油性の汚れを付けます。
ま、スタンプですね。
ご丁寧に「ベン」のハンコです(笑)

 

2種類の陶器、一方はアクアセラミック、一方は従来のプロガード、の上にハンコをつきます。

そしてその上から水を垂らして、揺らす、それだけです。

2016-03-04 14.38.42_R

すると、あら不思議!アクアセラミックのほうは「ベン」がほろほろと浮き上がってきます!

これは、なめらかな表面と超親水性で、水が陶器と「ベン」の間に入り込むから、だそうです。

 

2016-03-04 14.39.29_R

たしかにこれは掃除が楽になりそうだ!

でも、この実験、4回やったんですよね。
おそらく油性のインクだったためか、なかなか思うように行かず、条件を変えて試しながら、ようやく上手くいったのは、私と営業マンとの間の秘密です(笑)。

本物の便なら、もう少し落ちやすい、のかな?

いずれにしても、便器のみならず、様々な製品に使われる予定とのこと、

いい製品が出てくることを心待ちにしています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年01月28日

静岡県浜松市の工務店見学へ

こんばんは、小林弘典です。

 

昨日は工務店仲間の友人の会社へ、お引き渡し前の物件を見せて頂きに行ってきました。

いろいろと新しい取り組みをした家、ということで、意見を欲しいとのこと、私も興味がある内容でしたので、スケジュール調整をして何とか参加出来ました!

 

現地についたら友人がご飯を食べに連れて行ってくれました。

静岡県浜松市、まず思い浮かべるのは鰻でしょうか。

 

でも私にはお目当てがあったのです。
レストランさわやか」に行きたいと無理を言ってお願いしました。

 

お目当ての品はげんこつハンバーグ!

牛100%、赤身のハンバーグで、レアで供されます。

それを熱い鉄板で適度に火を通して食べるのです。
ステーキのようで、柔らかくジューシー、そして胃にもたれず軽い、、、
このあたりがさわやかの由来なのか、、、かどうかは知りません(笑)

 

聞けば、静岡県民のソウルフードとか。
店内では80を超えたと思われるご老人も私と同じものを食べていました。
まさに食べ飽きない味で本当に美味しかった!

2016-01-27 12.10.01_R

 

 

さて、おなかを満たした後は、本題のお宅拝見です。
浜松と言う温暖の地で超高性能住宅、オーバースペックか、と思う人もいるかもしれませんが、究極に省エネになる住まいでした。

私の家造りのも生かしていきたいところが盛りだくさん。
とても参考になり、本当にいい一日でした。

 

 

なんか食レポメインのようになってしまいました(笑)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

柏市、松戸市、我孫子市で本物の住まいをつくる

有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

柏市の水戸工務店、腕利きの大工の徒然日記

大工の日記というと、日々の作業の様子が綴られていると思って頂けているかと思います。
もちろん、日々のご報告は施主さまに逐一させていただいております。水戸工務店がお送りする「大工さん日記」は、主に開催されるイベントのご案内とそのご報告を綴ったものでございます。これからマイホームを建てたい方や、柏市や我孫子市、取手市など界隈の地域の皆様に向けて発信しております。中でも日記に掲載をすると、お問い合わせが殺到するのが「上棟式&餅まき」のご案内です。
通常、ご近所の方に向けて行う餅まきが、施主様のご協力で広く一般の方も参加していただけます。水戸工務店で注文住宅を建てたい方や、福にあやかりたい方からたくさんの参加お申し込みを頂いております。
そのほか構造見学会や完成現場見学会、ファイナンシャルプランナーとの相談会のご案内とご報告を写真付きで掲載しているほか、メディア掲載情報や柏市の水戸工務店がテレビ番組で取り上げられた情報などもお伝えしております。