ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

大工さん日記

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

バックナンバー

2006年10月28日

上棟に思うこと


今日は柏市で上棟がありました。

お施主さまはお若い方ですが、3年前より当社にたびたび訪れていただいて居り、ついに上棟となりました。

当社では上棟の祝詞をあげるときにお客様に棟まで登って頂いています。
今回はご主人と、息子さんが登られました。
(奥様は高いところは苦手だそうです。)

最初のご感想は、
「本当に柱がたくさんありますね、最近気になって建築中の現場をたくさん見るのですが、こんなに柱がたくさん建っているところは見かけないです。」
と、とても満足そうで、ほっとしました。

当社の材は産直材を主に使用していますが、こちらで使った材も岐阜県の東濃桧です。

写真 「東濃桧 神宮備林の森」と銘打ってあります。
伊勢神宮建築にも使われる山の木です。

また、お客様に安心していただけるように、全ての柱に強度を示すヤング係数と含水率を一本一本グレーディングマシンにより、調べて刻印しています。
当社で使用する無垢材は一般的な集成材より強度が高いものがほとんどです。

日本で使っている材料の多くは、海外、国内とも産地が不明なものが多いのが実情です。
当社ではトレーサビリティ云々が騒がれる以前より、産地を指定した産直材にこだわりがあります。

日本の良い産地は木を切ったら植え、育てるという循環で環境に貢献しています。
安心で丈夫、子や孫の代にまで自然を残すため、産地とつながる家造りを続けてゆきたいと考えています。

最後にお客様に、「この柱は何年くらいの樹齢ですか?」と聞かれました。
この家の柱は、約70年ものがほとんどです、と答えると、
「なら、それくらいはこの家を持たせなければなりませんね」と仰いました。

もちろん、そのための家造りであり、適切なメンテナンスも出来る家です。
これからもいい家を造り続け、引渡しの住んだ家も、見守ってゆきたいと考えています。

2006年10月27日

初めてサーモグラフィを見ました。

今日はじめてサーモグラフィの実機を見せてもらいました。
以前より、興味はあったのですが、なかなか実機に触れる機会はありませんでした。

そんなところに以前資料請求していたサーモグラフィのメーカーからコンタクト頂きました。

アピステというメーカーの方に持ってきていただいたのですが、非常に面白かったです。
サーモグラフィってランクがあって研究用途等の最高級タイプ、汎用高感度タイプの高級タイプ、その他の廉価タイプと言うものです。

今回は汎用高感度タイプとのことでした。
思ったよりはっきり見えるのでオドロキです。
手をアップで見ると赤外線熱画像で血管や手相まで確認できました。
みな赤外線の放射量が違うために見えるのだそうです。

うまく使えば、雨漏りの点検、電線などの下地の確認や断熱改修などに使えそうです。

実際の家の性能比較なども出来る。
Q値などの断熱の性能って、計算でしか出ませんので言わば理想値。
実際は正しい施工によって家の性能が違うということが分かれば、
当社のような手間をかける家造りの効果の視覚的確認とも成り得ます。

色々夢がふくらみます。

デモで貸し出ししているそうなので、借りてみていろいろ写してみたいなぁ。

2006年10月24日

やっとブログはじめました。

スタッフの日々の雑感などを書き連ねて行こうと思います。
仕事のこと以外も書き込めて行ければいいなぁなどと考えています。

それでは宜しくお願いいたします。

柏市の水戸工務店、腕利きの大工の徒然日記

大工の日記というと、日々の作業の様子が綴られていると思って頂けているかと思います。
もちろん、日々のご報告は施主さまに逐一させていただいております。水戸工務店がお送りする「大工さん日記」は、主に開催されるイベントのご案内とそのご報告を綴ったものでございます。これからマイホームを建てたい方や、柏市や我孫子市、取手市など界隈の地域の皆様に向けて発信しております。中でも日記に掲載をすると、お問い合わせが殺到するのが「上棟式&餅まき」のご案内です。
通常、ご近所の方に向けて行う餅まきが、施主様のご協力で広く一般の方も参加していただけます。水戸工務店で注文住宅を建てたい方や、福にあやかりたい方からたくさんの参加お申し込みを頂いております。
そのほか構造見学会や完成現場見学会、ファイナンシャルプランナーとの相談会のご案内とご報告を写真付きで掲載しているほか、メディア掲載情報や柏市の水戸工務店がテレビ番組で取り上げられた情報などもお伝えしております。