ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

大工さん日記

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

バックナンバー

2017年06月03日

近畿大学・岩前 篤教授の講演会に参加してきました。

代表の小林 弘典です。

先日、私が所属する千葉県の地域工務店の会、ちば木造建築ネットワークの第5回総会がありました。

 

ちば木造建築ネットワークは、地域工務店が集まり、勉強はもちろん相互での協力しての活動等、単体ではできないことを行う目的で設立されました。
私も設立当時から副会長を拝命し、工務店のレベルアップにつながる活動を続けています。

 

年に一度行われる総会なのですが、重要なのは総会自体よりも(笑)、基調講演などのイベントです。
今年度の総会には、近畿大学 建築学部長の岩前 篤教授を招いての基調講演でした。

1118 2017-06-01 16.42.47_R

 

岩前教授は住宅の温熱環境と健康の因果関係を研究する第一人者です。

 

内容もわかりやすくあっという間の90分でした。

ですが、もっと話を聞いていたかった、、、

 

私も10年以上前から、温熱環境を良くすると、健康的な生活を送れますよ、と言い続けてきましたが、

残念なことにその根拠となるものを示すのは難しいものでした。

それを裏付ける研究を続けてこられた岩前教授の講演内容は、まさに宝の山。

一つ一つ頷きながら聞いておりました。
特に面白いなと思ったのは、これからの季節、暑くなってくると出てくるのは熱中症の話題、

盛夏には毎日救急車で運ばれるニュースが流れます。

ただし実際に無くなってる方は想像よりも少なく、28年度で60人ほどだそうです。

 

室内の寒さが原因でなくなる事例はヒートショックといわれますが、温度差により脳卒中などを引き起こします。

家庭内の事故が原因でなくなる方は年間1万人以上といわれておりますが、一番わかりやすいのは浴室です。

寒い脱衣室、浴室から、急に温かい湯船に入るのですから、血管に悪いのはなんとなく想像できます。

そして家庭内で溺死する方は年間5000人以上と、熱中症の83倍です。

溺死、ですので湯船であることは容易に想像できますし、ほとんどがヒートショックが原因でしょう。

 

岩前教授は、低温は本当に怖い、と仰っていましたが、データを見ると一目瞭然でした。

 

私の行ってきた家づくりは、冬も寒くない家です。

新築はもちろん、リフォームでもできるだけ断熱性能を良くする提案をしています。

 

これからも、もっと理論的にお客様に説明できるようになれば、より快適で安全な住まいがつくれます。

いや、住まいづくりに携わるものとしては、絶対にクリアしなければならない問題のはずです。
そんな決意を強く思った、非常に聴きごたえのある講演でした。

岩前教授、本当にありがとうございました!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年06月01日

市川市にて、長期優良住宅・涼温換気の家の地鎮祭を行いました。

代表の小林弘典です。

今週は地鎮祭が続きます!

 

市川市大野町にて、長期優良住宅・涼温換気の家の地鎮祭を行いました。

区画整理されたての土地に一番乗りでの地鎮祭、なんだか気分がいいです(笑)

 

駅も近くて便利な場所で、見晴らしのよい高台ででの建築工事、きっと素晴らしい家が出来ることでしょう。

 

2017-06-01 10.17.20_R

 

 

いつも通り、断熱性も耐震性も、長期優良住宅の基準を超える高性能な家、準防火地区のため、防火に気を使います。
涼温換気換気ですので、快適な住み心地のいい家になります。

 

6月中旬より基礎工事に入ります。

いい家を作るために頑張ります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年05月27日

松戸市にて、長期優良住宅・涼温換気の家の地鎮祭を行いました。

代表の小林 弘典です。

 

松戸市にて、涼温換気の家の地鎮祭を行いました。

直前まで雨の予報でしたが、いざ始まる直前には晴天に!
心がけがいいから、でしょうか(笑)

 

いい家に住みたい、という施主のSさまの思いを形にすべく、二人三脚で進めていきます!

 

長期優良住宅の認定も取得しておりますが、その規定を大きく上回る性能で、

耐震性能は最高等級の3等級、断熱性能は関東の基準を超えて、東北基準の断熱性能となっております。

 

2017-05-27 13.33.50_R

 

生まれたばかりの女の子を連れての地鎮祭、とてもおとなしくいい子で、ぷにぷにのほっぺたを触れしてもらうと、自分の子供が小さかった時のことを思い出し、なぜだかすこし切ない気持ちに、、、(^^;

 

これから精一杯、いい家を作るために頑張ります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年01月06日

神社にて年初めの恒例行事を行いました。

明けましておめでとうございます。

 

仕事では地鎮祭、日常では七五三やお祓いなどでいつもお世話になっている、柏市増尾の廣幡八幡宮にて、新年のご祈祷を受けてまいりました。

 

工事の安全祈願と商売繁盛を祈念させていただきました。

空は気持ちの良い晴天、ピリッとした清冽な空気に身が引き締まる思いです。

 

2017年、今年もお客様に喜んでいただけるために頑張ります!

有限会社 水戸工務店 代表取締役 小林弘典

 

2017-01-05-09-37-38%e8%a3%9c%e6%ad%a3_r

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月22日

入江 亘くんの大工修行年季明けの会を行いました。

こんにちは、水戸工務店の社長の小林 良三(よしみ)です。
現在は息子に社長を任せ引退という形をとりましたが、大工育成のため、棟梁として顔を出しております。

 

棟梁とは、昔から家づくりの現場における最高責任者です。

そして、若い大工さんを棟梁と呼べる人物に育て上げてゆくのが私の目標です。

 

さて、2016年12月20日 ハート柏迎賓館(旧玉姫殿)において、社員大工である入江 亘の大工見習修了式を行いました。

 

2010年4月に専門学校を卒業して、有限会社 水戸工務店に大工見習いとして入社、以来6年8か月の月日が過ぎ、

ようやく木造軸組工法の住まいを一人で造る事が出来ると認められるまでに成長してくれました。

入江 亘くんのご両親の他、当社の社員と協力業者の皆さま、約45名を見届け人として修了証授与式を行いました。

 

2016-12-20-12-21-43_r

 

6年8か月が長いか短いかは本人しか分からないと思いますが、大工として一人前になるためにはある程度の年月は必要です。

もっと早くできるようになる者もいるでしょう、もっと時間のかかる者もいるはずです。

時間の長短ではなく、覚えたか、出来るようになったか、なのです。

 

出来るようになると言う事は、体で覚える匠の技術と言われるものです。

どんなに頭が良くて覚えたからと言っても技術は身についてはおりません。

数学や国語を教室で数十人単位で一度に教える事が出来ても、職人は違います。

 

その人その人の能力もありますが、大事な事は飽きも凝りもせずに、毎日続けて行って体に覚えさせる事なのです。

今の日本で木造軸組工法の家造りをしたいと大工さんの道に入って修業をする若者は年に1000人もいないのではないでしょうか。

 

昨今の家造りでは早く簡単に、工場から運ばれてきた材料をビスで組み立てるだけで、完成してしまう家も増えてきました。

ノミも鉋も差し金も使えないような大工さんが家造りをするようになりました。

でも、新築工事だけならそのような大工さんでも困らないかもしれません。

 

ただ、新築の着工棟数が減り続ける現在、残す価値のある住まいのリフォーム、といった仕事が増えてきています。

 

構造から直していくリフォームでは、壊してみるとなんだこれは!といった現場も日常茶飯事です。

そういったイレギュラーに対応するためにもノミや鉋、差し金を覚える必要があるのです。

 

私は大工さんが棟梁になれるように、と冒頭に話しました。

棟梁は家づくりのすべてを理解していないといけません。

そのために、大工修行のスタートは片付けや掃除から。

現場の整理整頓を行えるようになって初めて、鉋、ノミ、鋸、などの手道具を使った仕事を覚えていきます。

今は機械工具の使い方も覚えなくてはなりませんが、、、
何年もかかって、墨付けや刻みなど、大工工事の神髄を学んでいきます。

そこまで来て初めて様々なことに応用が利く一人前の大工となってゆくのです。

 

そして、若い大工さんには作ることの楽しさ、長く喜ばれることの誇りをもって仕事を続けていけるよう努力します。

これからも日本の伝統工法である木造軸組工法を残す為に、一人でも多く、若い大工さんを育てて行きたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
厳選した木材と確かな技術で建てる家
高気密高断熱と涼温換気システムで最高の住み心地
一棟一棟を大切につくる 有限会社 水戸工務店
http://www.mitok.jp/
TEL:04-7131-8619
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

柏市の水戸工務店、腕利きの大工の徒然日記

大工の日記というと、日々の作業の様子が綴られていると思って頂けているかと思います。
もちろん、日々のご報告は施主さまに逐一させていただいております。水戸工務店がお送りする「大工さん日記」は、主に開催されるイベントのご案内とそのご報告を綴ったものでございます。これからマイホームを建てたい方や、柏市や我孫子市、取手市など界隈の地域の皆様に向けて発信しております。中でも日記に掲載をすると、お問い合わせが殺到するのが「上棟式&餅まき」のご案内です。
通常、ご近所の方に向けて行う餅まきが、施主様のご協力で広く一般の方も参加していただけます。水戸工務店で注文住宅を建てたい方や、福にあやかりたい方からたくさんの参加お申し込みを頂いております。
そのほか構造見学会や完成現場見学会、ファイナンシャルプランナーとの相談会のご案内とご報告を写真付きで掲載しているほか、メディア掲載情報や柏市の水戸工務店がテレビ番組で取り上げられた情報などもお伝えしております。