ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただ今建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

木にこだわり 極上国産材で建てる 長期優良住宅 我孫子の木の家

1.2011年10月24日
p20120428151259
我孫子市は残念ながら、東日本大震災による原子力発電の事故で放射能のホットスポットとなっています。
放射能を取り除くために、表面の土をすきとり、入れ替え工事を行い、平常時の値まで下がりました。
2.2011年10月26日
p20111214145313
地盤改良の着工
地盤改良と言うと杭工事が一般的ですが、敷地までの道路が狭いために一般の重機が通りません。
そのため、手間はかかりますが、比較的小さな重機で施工可能な、表層改良工事で地盤補強を行いました。
3.2011年11月17日
p20111214145339
基礎工事の着工
4.2011年11月25日
p20120428152134
砕石を転圧して、より丈夫な基礎になるようにしています。
へこんでいる部分は、地中梁が入り、一体性に優れた強固な基礎になります。
5.2011年12月09日
p20120428152541
住宅瑕疵担保保険の検査を行いました。
保険法人のJIOによる検査になります。
6.2011年12月10日
p20111221141448
基礎配筋工事が終了
コンクリート打設前にスラブヒーターを施工中です
7.2011年12月27日
p20120428153134
基礎の型枠が外れ、基礎の全景が見えるようになりました。
基礎も外断熱で、外周に見える白いものが基礎用の断熱材、ミラポリカフォームです。
シロアリが食害できない、ポリカーボネート発泡断熱材です。
8.2012年01月09日
p20120428153337
基礎断熱は紫外線によって劣化してしまうため、傷養生も兼ねてモルタルを塗っています。
外周まわりの基礎内部にも断熱補強のため、ポリスチレンフォームを施工しています。
9.2012年01月10日
p20120428154158
作業場にて、化粧丸太を加工。
メインのリビング、吹き抜け周りに使います。
10.2012年01月17日
p20120428154535
天気にも恵まれ、無事上棟いたしました。
11.2012年01月18日
p20120428154655
屋根の外張断熱一層目を施工。
気密性能の長期維持のために、板状断熱材を2層張としています。
12.2012年01月18日
p20120428154916
一層目の断熱材を張り終えると、つなぎ目を気密テープで張ります。
この上に断熱材を再度、つなぎ目をずらして張ることで、気密テープがはがれなくなり、性能が長期維持できるようになります。
13.2012年01月19日
p20120428155307
2層目の断熱を施工したあと、通気垂木を施工します。
この上に構造用合板を貼ります。
14.2012年01月20日
p20120428155427
屋根の防水シートを施工。
瓦専用の防水紙です。
その上に瓦を載せるための瓦桟を施工しています。
15.2012年01月22日
p20120428160302
上棟式を行いました。
生憎の雨模様でしたが、雨養生を行い、無事に施工できました。
16.2012年01月28日
p20120428160520
壁の外張断熱工事を行っています。
北側斜線の関係で、屋根の軒の出が短いのですが、こういう所こそ、屋根と壁との外断熱のおさまりが重要です。
経験豊富なので、万全です。
17.2012年02月10日
p20120428161026
瓦、外壁とも施工されました。
瓦は三州瓦、外壁はセラミックコーティングのサイディングで、どちらもきれいに長持ちです。
18.2012年02月15日
p20120428161802
内部木工事も順調です。
下地工事が完了しました。
19.2012年02月15日
p20120428161846
リビングはこれから天井の板張りなど、大工さんの腕の見せ所がたくさん出てきます。
20.2012年02月20日
p20120428162233
この家では、住まいの中の電磁波を抑制する、オールアース住宅になっております。
床の下や壁の中の電線から出る電磁波を遮断して外に逃がす技術です。
電磁波の影響で、知らず知らずに肩こりやアレルギー症状の原因になっている場合があるので注意が必要です。
21.2012年03月10日
p20120428145731
桧の化粧梁、サワラの天井、壁の漆喰、ナラの自然塗装仕上げの床と、気持ちの良い空間に仕上がりました。
22.2012年03月10日
p20120428150030
洗面コーナーには、無垢の松の板と笠間焼のボウルを取り付けました。
このどちらもお客様自身で選んで支給頂いたものです。
23.2012年03月10日
p20120428162549
リビングにスタディルームを併設しました。
コンパクトな空間ですが、大工造作で造った、たくさんの本棚スペースとカウンター机がとても機能的です。
24.2012年03月10日
p20120428162659
外観は白を基調として、シンプルに仕上げました。