ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただ今建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

やさしい陽の差す気持ちの良い家  柏市I邸

1.2008年01月21日
p20090417104322
ダイニングより和室をのぞいた所です。
収納は杉板張り、引き出しは桐で造りました。
2.2008年09月15日
p20081202153155
地鎮祭を行いました。
柏市の総鎮守、広幡八幡宮より宮司さんに来ていただき、地鎮祭を無事執り行うことが出来ました。

奥様とお子様がいい家になるようにお祈りしています。

裁断をバックに記念撮影です。
3.2008年10月10日
p20081028135458
基礎の鉄筋工事、スラブヒーター工事が完了いたしました。

地中梁を組んだ鉄筋に、シーズヒーターを緊結しています。
深夜の5時間通電で暖めることにより、温度差のない快適な空間になります。
4.2008年10月23日
p20081028135543
コンクリート打設が完了いたしました。
5.2008年10月28日
p20081028135928
コンクリート型枠がはずれ、表面が見えてきました。
ジャンカ等の無い、密実なコンクリート施工が出来ました。
この後、外部給排水菅工事を行い、埋め戻し作業となります。
6.2008年10月31日
p20081127183749
基礎も完成し、土台敷きを行っています。
レベルを使って、水平の確認作業を行います。
7.2008年11月03日
p20081127183848
上棟風景
一階が立ち上がり、2階組み立ての作業に入りました。
8.2008年11月03日
p20081127183952
構造材は紀州和歌山より産地直送です。
すべての材一本一本、強度を測定したJAS認定の国産極上材です。
9.2008年11月03日
p20081127184108
棟木に使うのは、この家を建てるにあたって解体した蔵にあった丸太を使いました。
長い年月を経て、色濃く焼けたいい色合いの杉丸太です。
10.2008年11月03日
p20081127184134
無事上棟完了です。
屋根垂木まで施工できました。
11.2008年11月03日
p20081127184204
屋根の上に上がって、祝詞を上げました。
12.2008年11月15日
p20081127184326
樹脂サッシの取り付け作業です。
これは最後の大物。
大きなサッシは取り付けるのにも数人懸かりです。
13.2008年11月15日
p20081127184410
こちらの2階の床の下地には、防音のための強化石膏ボードを入れました。
14.2008年11月22日
p20081127184521
2階の床仕上げ材は、お勧めの木曽ヒノキフローリングです。
優れた寸法安定性、やさしい足ざわり、なによりかぐわしい香りが特徴です。
15.2008年11月26日
p20090417103923
吹き付けウレタン断熱の施工が完了しました。
和室とダイニングの仕切りは差し鴨居により分けられるようになっています。
16.2008年12月25日
p20090417104029
リビングに東濃檜の大黒柱を入れました。
差し鴨居を入れることで、ダイニングとリビングの柔らかな仕切りにしています。
17.2008年12月25日
p20090417104122
2階の子供室は仕切りをなくし、必要時にのみ仕切り事としました。
18.2009年01月21日
p20090417104418
ダイニングキッチンのカウンターは、収納カウンターとして造りました。
19.2009年02月17日
p20090417104606
2Fの階段ホールを広めに取り、階段の手すりには本棚を造りました。
ホールにソファを置いて読書、なんて素敵ですね。
20.2009年02月17日
p20090417104704
2階の子供室はオープンに。
必要なときだけ仕切り、そしてまたはずすことができる、可変性を持たせました。
21.2009年02月17日
p20090417104748
洗面所は板張りに、木の質感が心安らぎます。
22.2009年02月17日
p20090417104851
和室とダイニングの仕切りは差し鴨居によって可変性を持たせています。
普段は開放して広く、来客時には閉じて客間に。
23.2009年02月17日
p20090417104946
LDKは広く開放的に、楢の無垢床の柔らかな色合いが和みの空間を作っています。