ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただ今建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

つくばみらい市 A様邸 涼温換気の家

2.2015年01月07日
2
地鎮祭を行いました。

新年が明けて、仕事始めの日の地鎮祭です。
天気にも恵まれ、厳かな雰囲気の中、よい地鎮祭を催行することが出来ました。
3.2015年01月22日
3
地盤改良工事を行いました。

地盤調査の結果、一部に自沈層が確認されたため、地盤改良工事を行いました。
自沈層とは、建物自体の重さで沈んでしまう恐れのある軟弱な地層です。
でも、地盤改良工事を行えば、長期の保証もついておりますので、安心して家を建てることが出来ます。
4.2015年01月24日
4
地盤改良工事

地盤に直径216ミリのコンクリートの杭を施工しています。
全部で41本施工し、建物の沈下が起こらないようにしています。
.
5.2015年02月20日
5
基礎配筋検査

基礎の鉄筋が正しく配置されていいるかどうかのチェックです。
地中梁というコンクリートの梁が細かく配置された丈夫な基礎です。
6.2015年02月23日
6
基礎工事完了

基礎外側にミラポリカ50mm(物理防蟻断熱材)、基礎内側にミラフォームの25mmを付加してw断熱にしています。
7.2015年02月25日
7
土台敷き

防蟻薬剤の必要がない桧の土台と大引き(紀州材)を基礎の上にアンカーボルトで固定します。
8.2015年02月28日
8
上棟しました

小屋廻り四隅に、太鼓梁を45度に組んで建物の耐震性を上げています。
1.2015年03月02日
1
屋根下地工事

構造用合板12mmを構造用釘CN50で150ピッチで止めつけた後、継ぎ目に気密防水テープを張ります。
9.2015年03月02日
9
下屋部分屋根下地工事

壁面材と屋根の野地板部分から雨漏りや隙間風が無いように注意して工事しています。
10.2015年03月03日
10
屋根断熱工事

高性能ポリスチレンフォーム(スタイロフォームFG)50mmを屋根外側に張り、内側には高性能グラスウール(アクリアネクスト)90mmを充填してw断熱にしています。
11.2015年03月06日
11
屋根垂木工事

屋根垂木を外断熱用のビス、パネリードで240ピッチにしっかり止めつけます。
12.2015年03月07日
12
屋根防水工事

耐候年数の高い防水ゴムシート(チャンピオンシート)を張ってその上に瓦を乗せるための桟木をステンレスの釘で止めています。
13.2015年03月18日
13
フローリング工事

無垢の床板はその日、その時期によって張り方が微妙に変わるので、無垢を扱ったことがない職人が張ると、突き上げを起こしたり隙間が空きすぎたりと、施工の不備が生じる恐れが有ります。
その日の湿度を体で感じながら出来る職人でなければなりません。。
14.2015年03月20日
14
構造検査完了しました

構造材は紀州産の桧や杉の無垢材でJASで認定された高強度材を使用しています。
耐震等級3の建物です。
15.2015年03月22日
15
W断熱

高性能グラスウールを、屋根、壁に隙間の無いように充填しています。
16.2015年03月24日
16
外部下地工事完了

構造躯体外側に耐力面材を打ち付けた後、スタイロフォームFG厚50mmを張り、その上にタイベックシートを重ね幅や、窓廻りのピンフォールに注意しながら施工します。
壁の通気垂木は25mm厚の物を使い下地の不陸や空気のよどみが無いようにしています。
17.2015年04月03日
17
外壁工事完了

外壁材は窯業系サイディングを使用しています。高耐久で防藻、防かびに優れたセラというシリーズのものです。
18.2015年04月09日
18
ウォークインクローゼット

杉の無垢板を張ります。
防虫、調質効果が高い材です。
19.2015年04月20日
19
涼温換気

16畳用のルームエアコンと全熱交換式の第1種換気扇を組み合わせています。
外気を高性能フィルターで浄化してから室内に入れるので花粉の時期やPM2.5も安心です。
このエアコン一台で60坪まで冷暖房することが可能です。室外機も一台だけなので環境にも優しいシステムです。
20.v
20
診療所

診療スペースに桧のフローリングと天井板を張りました。
21.2015年04月30日
21
ダイニング

杉の一枚板を使ったダイニングテーブルを手造りしました。 
22.2015年05月10日
22
対面キッチンのリビングダイニング

造作家具と無垢材が優しい雰囲気を演出しています。