ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

リフォーム

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

柏市 Y様邸床下断熱工事

2016年2月16日
S__16777228_R
既存断熱材施工状況
床下収納庫から潜って状況確認します。
2016年2月16日
S__18481156_R
既存断熱材施工状況
床の骨組みが乱雑に組まれている部分は施工が大変なためか、元々断熱施工していない状況でした。
この上はちょうどキッチンの作業スペースなので足元はかなり冷たく感じます。
2016年2月16日
S__18481157_R_R
既存断熱材施工状況
トイレやキッチン、洗面などの配管部分もやはり大変なためか、断熱材が入っていませんでした。
昔は断熱材の施工知識が一般的に低かったため、こういった事例は当たり前のように有りますので想定内です。
2016年2月16日
S__18472971_R
既存断熱材施工状況
リビングと和室の断熱施工は、最近ホームセンターでリフォーム工事を行ったそうです。 
断熱材は床にぴったりと密着していなければ本来の性能を発揮することが出来ないため、押し縁や金物などで下に落ちないように丁寧な施工が要求されます。 
押し縁は使っているのですが数が少ないため、断熱材が下がっている部分が多々見受けられたことと、断熱材と床の骨組みとの隙間が、多いところで15mmほどありましたので、押し縁とウレタンフォームで補強しました。
2016年2月16日
S__18481155_R
既存断熱材施工状況
断熱材に押し縁を使っていないため経年劣化や変化で断熱材が下がっています。 
この白い断熱材は建てた当初のものなので、施工も断熱の性能もほぼない為、取り外して新しいものに取り替えます。
2016年2月16日
S__16777223_R
気流止め工事
昔は床下の換気口から入った風を壁の中の空間に通すことで、家が腐らずに長持ちすると考えられて居ましたが、それは家全体が無断熱の場合の話です。
壁の中に余計な冷気を通してしまうと、居室内も冷えてしまいますし、断熱施工の甘いところに温度差が発生するので、躯体内で結露を起こしカビや腐朽菌の住処になり、家全体の寿命も縮める事になります。
2016年2月16日
2016-02-17 14.21.39_R
気流止め工事
躯体の空間より厚みのある断熱材を、厚手のポリ袋に入れて、ベニヤなどでつぶして、しっかりと空気を抜きます。
2016年2月16日
2016-02-17 14.21.59_R
気流止め工事
空気を抜いたらポリ袋の口を何回かねじってから固く縛ります。
140mmあった高性能グラスウールがぺったんこになります。
2016年2月16日
S__16777229_R
気流止め工事
薄くなった断熱材を壁の隙間に滑り込ませて袋にカッターを入れると、切れたところから空気が入り元の厚みに戻ります。
躯体内いっぱいに断熱材が膨らむことで気流を止めることが出来ます。
この作業を床下に潜って、100カ所位施工するので、労力は大変なものです。
2016年2月16日
S__16777232_R
既存床断熱隙間補修工事
S__16777236_R
新規床下断熱工事
160116-170905-160116-170905-2016-01-16 17.09.05_R_R
物入れ内部断熱工事
6214_R
物入れ内部断熱工事
46951_R
2016-02-09 13.03.11_R
2016-02-10 13.25.28_R