ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

リフォーム

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

柏市 O様邸 断熱ユニットバス 温熱環境UPリフォーム

2015年4月1日
160418-080432-2016-04-18 08.04.32_R
既存浴室現況
タイル張りの浴室は質感はいいのですが、冬は、壁や床が冷気をため込んでしまうため、室温はかなり下がります。
浴槽のお湯も早い段階で冷め、頻繁に追い炊きを繰り返すので、寒い浴室はエネルギーを浪費します。 
又、ヒートショックによる命の危険があります。
2015年4月1日
160223-102125-2016-02-23 10.21.25_R
既存浴室窓現況
今ついているアルミのジャロジー窓は換気はしやすいのですが、隙間が多いため、特にエネルギーロスの窓と言えます。
今回、高断熱タイプのユニットバスに入れ替えるにあたり、窓もオール樹脂LOW-Eペアガラスに取り替えます。
2015年4月18日
160418-084148-2016-04-18 08.41.48_R
既存浴室解体
天井、壁、床など順序良く解体していきます。
2015年4月18日
160419-115122-2016-04-19 11.51.22_R
浴室土間転圧
タイルの床は、浴室の水がしみこんでも水分を処理できるように土になっています。
今度はユニットバスなのでコンクリートを土間部分に施工します。 
地盤を強化するために割栗でしっかり転圧します。
2015年4月18日
160419-115131-2016-04-19 11.51.31_R
既存アルミサッシ解体
浴室とついでに脱衣室の窓も樹脂サッシに取り替えます。
2015年4月19日
160419-152005-2016-04-19 15.20.05_R
土間コンクリート打ち
コンクリートを打設した後に、小手で抑えることできれいな表面に仕上がります。
2015年4月19日
2016-05-16 19.43.04_R
浴室天壁断熱補強
ユニットバス本体自体が高断熱仕様ですが、天井壁に高性能グラスウールを付加断熱としてプラスしています。
2015年4月21日
2016-05-06 10.46.03_R
断熱ユニットバス施工完了
外気温に左右されないため体に優しいのはもちろん、お湯も冷めずらいので、快適で省エネルギーなお風呂になりました。
浴室が使えるようになるまで4日の工事となました。
2015年4月19日
2016-05-16 19.43.07_R
脱衣室床下断熱改修
脱衣室の床下に断熱材が入って無かったので床冷えがしていましたが、
高性能な断熱材を新しく入れて床冷えをなくしました。
2015年4月19日
2016-05-06 10.45.58_R
脱衣室無垢板張替
肌触りがよく滑りにくい無垢の床板を貼りました。
2015年4月18日
2016-04-18 08.00.26_R
現況アルミサッシ外観
2015年4月24日
160430-120635-2016-04-30 12.06.35_R
新規高断熱樹脂サッシ外観
防犯ガラス仕様です。
外壁のつないだ部分が目立たないように仕上がりには注意します。
2015年5月24日
160223-103408-2016-02-23 10.34.08_R
和室物入れ現況
物入れの前に座ると、隙間から冷たい風が来て腰がひえるということで、物入れのの壁と床に断熱材を入れます。
2015年5月24日
2016-05-28 17.36.23_R
和室物入れ断熱改修
性能の高い断熱材、ネオマフォームを隙間の無いように施工します。
2015年5月24日
2016-05-28 17.35.59_R
和室床下断熱改修
畳の下も断熱材が入っていなかったので、隙間が無いように丁寧に施工します。
壁の中にも隙間風が入らないように気流止めを入れました。
2015年5月24日
2016-05-28 17.36.28_R
和室物入れ桧合板貼り
解体した壁と床を新しく桧の合板に張り替えました。
昔は物入れは室内としての考えがなかったため、断熱施工はしていませんでした。そのため室内を温めると、冷えた空気が温かい室内に気流として流れて来て、同じ室内でも温かい部分と冷たい部分の差が生まれる為、不快な感覚になります。
窓、床、天壁といった順に断熱改修をすることで、温熱環境が改善されます。