ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただいま建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

柏市 Y様邸 優良国産材で建てる省エネ住宅 涼温換気の家 

2017年11月
2017-10-31 08.49.39_R
解体工事
築60年の住まいを一部壊して、新しい母屋を建てる準備です。
2017年11月20日
2017-11-20 08.19.02_R
遣り方
基礎の位置寸法を決める大事な工事です。
2017年11月22日
2017-12-14 17.31.13
基礎砕石転圧
2017年11月23日
2017-12-14 17.31.16
基礎防湿シート
2017年11月27日
2017-12-14 17.31.27
コンクリート打設
高強度のコンクリートを使い、100年の耐久性のある基礎にします。
2017年12月5日
2017-12-14 17.31.39
基礎工事完了
2017年11月30日
2017-11-30 07.32.15_R
墨付け加工
作業場では太鼓梁りの墨付けや刻みを行っています。 
斜めに重ねて組み上げていくため熟練の技術が必要です。
2017年12月4日
2017-12-04 07.39.59_R
墨付け加工
ケヤキの8寸角を直角に加工するために機械に通します。
ケヤキなどの硬い木は、重量が有る為、3~4人がかりで製材します。
2017年12月8日
IMG_6508_R
土台敷き
上棟に向けて土台を施工 
防蟻薬剤の要らない特定樹種の桧の4寸角を使用しています。
2017年12月12日
2017-12-12 11.03.00-1_R
上棟中
2017年12月12日
171212-144945-2017-12-12 14.49.45_R
上棟中
隙間なく綺麗に組みあがりました。 
2017年12月12日
2017-12-13 15.08.13_R
上棟完了
2017年12月12日
2017-12-13 16.47.43_R
上棟式祝詞
棟梁が祝詞をあげます。
神様に工事安全と、いい家が出来るように祈願します。
家づくりの大切な儀式です。
2018年1月24日
IMG_6966_R
外部 屋根、カベ断熱
屋根、壁共、Q1ボードの50mmを隙間が出来ないように丁寧に貼ります。
2018年2月10日
IMG_6964_R
屋根W断熱
高性能グラスウール90mmを屋根の内側に付加断熱として入れています。
水平面は壁よりも熱の影響を受けやすいため、W断熱にすることで省エネ効果が上がります。
2018-01-08 13.05.43_R
基礎付加断熱
基礎の外側にはミラポリカ50mmの断熱材
基礎の内側にはQ1ボードの50mmを付加断熱として入れてあります。
基礎の断熱性能を上げると床下の温熱環境が上り、涼温換気時に、室温と床下の温度が少ないエネルギーで均一になり、床冷えがなく快適です。
2018年2月15日
180214-175242-2018-02-14 17.52.42_R
1Fフローリング
無垢の欅のフローリングを貼っています。
無垢材は、貼る前に梱包から出して、10日以上はその時期の気候になじませたから施工します。
引き渡し後に床の著しい隙間や反りなどは、この工程を省いてしまうことで起こりやすくなります。
又、のりの付け方や、床を貼るときの力加減も季節によって変わる為、無垢材の扱いは、非常にデリケートです。
2018年2月15日
IMG_6957_R
1Fフローリング
大黒柱の下の部分は、隙間の無いように床の厚み分だけ綺麗に欠きとり、床を差し込みます。
2018年2月15日
IMG_6962_R
2Fフローリング