ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただいま建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

流山市 K様邸 伝統の木組みで建てる高耐震、省エネルギー住宅 涼温換気の家

2018年5月22日
2018-05-26 18.25.57_R
やり方だし
基礎の位置、高さを正確に出すための作業です。
2018年5月23日
2018-05-26 18.25.59_R
鎮め物
地鎮祭で清めた土地の鎮めものを南向きにして基礎の中央に埋めます。
2018年5月23日
2018-05-26 18.26.05_R
砕石地業
2018年5月26日
2018-05-26 18.26.14_R
配筋検査
構造計算に基づいた長期優良住宅使用の配筋です。
2018年5月28日
2018-06-07 09.01.29_R
木組み加工墨付け
和室や化粧梁組みで使用する材木を加工しています。
2018年5月28日
2018-06-07 09.01.18_R
吹き抜け化粧桧太鼓梁り墨付け
曲がりや、木のクセを見ながら太鼓張りに墨付けをしていきます。
2018年6月9日
2018-06-08 14.43.19_R
化粧桧太鼓梁りクセ取り
太鼓梁りの高さ調整と、重なり部分の隙間ができないようにクセを取りながら加工していきます。
曲がった材木を斜めに組み合わせる作業には、技術と経験が必要です。
2018年6月14日
2018-06-26 19.36.31_R
土台敷き
白アリ薬剤の必要がない特定樹種、120角の桧土台です。
2018年6月16日
2018-06-14 09.23.27_R
上棟中
JAS認定無垢材、高強度E110の桧の120角を使用しています。
2018年6月16日
2018-06-14 13.56.12_R
上棟中
化粧梁と太鼓張りを三段重ねて、台栓という45角桧材で固定することで、建物のゆがみが取れ、ぴったりと90度になります。
見た目だけでなく、剛性と粘りを兼ねた伝統工法の木組みです。
2018年6月16日
2018-06-16 18.25.31_R
屋根垂木
1層目の垂木です。
2018年6月18日
2018-06-26 18.43.15_R
屋根外断熱
断熱性と防火性に優れたネオマフォーム50mmを使用しています。
2018年6月19日
IMG_8685_R
屋根通気垂木
屋根断熱の上にさらに垂木を専用ビスで止めつけます。
瓦の重みに耐えるための、ビスの選定や打ち付けるピッチはとても重要な事です。
2018年6月20日
IMG_8692_R
屋根防水工事
30年耐候のゴム系の屋根防水紙を使用しています。
2018年7月3日
2018-06-28 15.39.29_R
瓦工事
棟部分の屋根防水紙は、棟通気を入れる際に防水テープと密着性の高い、ゴム系の改質アスファルトルーフィングを使用します。
2018年7月9日
IMG_9182_R
壁外断熱
断熱性と防火性に優れたネオマフォーム50mmを使用しています。 
25年経過しても、断熱性能が落ちないというデータもある優れた断熱材ですが、いいものを雑な工事で、隙間だらけに貼ってしまってはまったく意味がありません。 
自社大工による責任施工で、丁寧に工事します。
2018年7月9日
2018-07-13 18.05.59_R
通気胴縁
外断熱用のビスを既定の感覚でしっかり止めつけていきます。
外断熱用のビスは色々なメーカーが出していますが、当社ではシネジックの
パネリードⅡ+という最も信頼性の高いものを使用しています。
2018年7月15日
IMG_9220_R
通気胴縁完了
通気胴縁の一番下に防虫網を取り付けて、通気胴縁工事は完了です。
防虫網を取り付けずに外壁材を施工してしまうと、最悪の場合コウモリや害虫が巣を造ってしまう場合があるため、重要な工事です。です。
2018年7月15日
IMG_8904_R
基礎付加断熱
基礎外断熱50㎜+基礎内側断熱35㎜
床下の断熱性能を上げることで家全体がさらに、省エネで快適な空間になります。
2018年7月15日
IMG_8910_R
基礎付加断熱
基礎の立ち上がりと底盤500㎜部分に断熱材を貼っています。
2018年7月15日
木口様邸_180725_0012_R
構造検査
構造計算に基ずいた仕様で耐震等級3の地震に強い構造の建物です。
2018年7月21日
木口様邸_180725_0003_R
屋根付加断熱
屋根面は、熱の影響を最も受ける部分になるため、断熱の性能を上げる必要があります。
外断熱ネオマフォーム50㎜+内側高性能グラスウール90㎜を貼っています。
10Kグラスウール250㎜相当です。
2018年7月21日
木口様邸_180725_0007_R
屋根付加断熱