ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただいま建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

柏市 K様邸 四季快適 伝統木造パッシブエネルギーハウス 涼温換気の家

2018年5月1日
2018-05-01 10.15.42-1_R
地鎮祭
土地神様に住まいを建てるお伺いを立て、工事の安全と家の繁栄をお祈りする儀式です。
2018年6月1日
2018-06-26 18.43.40_R
やり方だし
設計図書に基づき、敷地に対して、家の正確な高さと、隣地や道路などの境界線からの距離を正確に測りだす大事な作業です。
2018年6月4日
2018-06-26 18.43.55_R
砕石地業
地盤調査、構造計算に従った地固めになります。
2018年6月13日
2018-06-26 18.44.08_R
配筋検査
長期優良住宅使用の堅牢な配筋です。
2018年6月26日
2018-06-26 18.44.40_R
基礎工事完了
コンクリート30N、耐久性100年以上の高強度コンクリートの基礎です。
2018年6月11日
2018-06-11 08.28.47_R
化粧太鼓梁り加工
リビングの勾配天井から見える化粧木組みの材を削っています。
2018年6月11日
2018-06-22 07.20.19_R
化粧柱、梁加工
2018年6月26日
2018-06-28 09.04.30_R
差し鴨居
構造材を鳥居型に組むことで、大きな開口部にも強度を持たせることができ、大来な地震時にも安心できる、伝統工法の差し鴨居です。
2018年6月26日
2018-06-22 07.20.08_R
化粧太鼓梁り墨付け刻み
重なり合う長さや、高さの寸法を正確に出して加工していきます。
斜め45度に太鼓梁りが重ねる為、√の計算が必要になります。差し金をしっかり理解して使うことができていれば、差し金の裏の兼ねで寸法を出すことができます。
2018年6月26日
2018-06-28 08.40.25_R
土台敷き
防蟻薬剤の処理が必要ない、桧の120角を使用しています。
2018年6月27日
2018-06-28 08.40.05_R
1階床下地養生
床下に雨水が入らないようにシートを床全面に貼ります。
2018年6月27日
2018-06-29 15.20.49-1_R
化粧太鼓重なり部分加工
太鼓梁の重なる部分を図りだして、ぴったりはめ込めるように墨をつけて加工しています。
2018年7月3日
IMG_8789_R
上棟中
伝統工法の差し鴨居をしっかり組んで、込み栓で固定して立ち上げます。
材を鳥居型に組むことで、大開口部分にも木造特有の粘りで、耐震性が高められます。
2018年7月3日
2018-06-30 17.41.04-1_R
リビング勾配天井 梁組み
化粧梁りがぴったりと収まりました。
2018年7月3日
2018-07-03 11.34.01_R
棟上げ完了
2018年7月4日
2018-07-03 17.20.14-1_R
耐力面材
壁倍率4倍のハイベストウッドを使用しています。

2018年7月4日
2018-07-04 18.23.05-1_R
耐力面材
2018年7月6日
IMG_8964_R
屋根断熱
屋根外断熱ネオマフォーム50mm+内側充填断熱高性能グラスウール、アクリアネクスト90mmのW断熱です。
2018年7月6日
IMG_8988_R
下屋根断熱
2018年7月12日
IMG_8993_R
屋根防水、瓦下地
高耐久のゴム系防水紙、チャンピオンシートと、棟換気を取り付ける部分には、ブチル防水テープと相性の良い、改質アスファルトルーフィングを使用しています。
2018年7月30日
2018-07-24 12.00.47_R
屋根瓦工事
2018年7月30日
2018-07-24 12.00.23_R
屋根瓦工事
三州焼き瓦、対応年数60年の屋根材としては最もメンテナンスフリーの物といえます。
2018年8月2日
2018-08-21 10.55.53_R
屋根、壁、W断熱
屋根外断熱ネオマフォーム50mm+内側充填断熱高性能グラスウール、アクリアネクスト90mmのW断熱です。
2018年8月17日
2018-08-21 10.55.55-1-2_R
無垢ナラ材3層フローリング
一層目の仕上げ面に、4mmのナラの無垢板が貼ってあり、その下に無垢の板を2枚積層貼りした、3層フローリングです。
無垢材特有のそりや、隙間を生じさせず、無垢材本来の高級感と、肌触りの良さもしかっりと出ている、良い所取りのフローリングです。
2018年8月17日
2018-08-21 10.55.55_R
無垢ナラ材3層フローリング
2018年8月20日
2018-08-21 10.21.16_R
天井下地
2018年8月20日
2018-08-21 11.46.16_R
屋根瓦工事完了
屋根の重みを考慮した構造計算をしておけば、三州焼き瓦は最もメンテナンスのいらない屋根材といえます。
又、瓦屋根は、全てステンレスの釘で固定されており、棟の瓦も金物でしっかり止めつけてあるので、大きな地震の時でもずれたり、崩れたりすることはありません。
2018-09-20 15.24.27_R
涼温換気センターダクト
建物の中心付近に設置することで、フィルタリングされた新鮮な空気と、冷暖房した温度を、家の隅々にスムーズに行き渡らせることができます。
2018-09-20 15.23.56_R
涼温換気排気ダクト
ダクトが急角度に曲がったり、つぶれたりすると空気抵抗が大きくなってしまいます。
計画された排気量が取れなくなったり、機械本体の電気代が上がってしまったりと、よくないことが重なってきます。そういった不具合を無くすために、機械換気の工事は、大工の責任施工としています。
2018-09-20 16.37.01_R
涼温換気機械室
建物本体の断熱性能を上げ、16畳用のエアコン1台で、60坪(約200㎡)までの大きさの建物を冷暖房できる超省エネルギーのシステムです。
2018-09-20 15.40.08_R
涼温換気エアコンリターンルーバー
2018-09-20 15.24.50_R
2F床防震用ボード
振動や音を軽減させます。
2018-09-20 15.24.37_R
2F床仕上げ
IMG_9181_R
外張り断熱
ネオマフォーム50mm、長期にわたって断熱性能を維持できる高性能な断熱材です。
2018-07-24 11.55.19_R
透湿防水紙
耐候性、透湿性能の信頼度が最も高いタイベック透湿防水紙を使用しています。  
防水紙の工事は、知識と丁寧な施工の両方がないと雨漏れの原因となるため、業者任せでは無く、大工の責任施工としています。
2018-09-11 08.40.51_R
ストリップ階段加工
寸法を測りだしてて加工しています。
2018-09-14 18.41.48_R
ストリップ階段ササラ桁取り付け
2018-10-23 18.22.40_R
階段段板
階段段板の先端に溝を掘り、スリップ止めの木を埋め込んでいます。
2018-08-28 15.06.00_R
リビング勾配天井
床板と同質のナラの板を貼っています。
20181026_130115_R
リビング勾配天井
床と天井に同じ色味の物を貼ることで、高級感と落ち着いた雰囲気の空間に仕上がり、材質の違う木組みも浮き上がり、伝統の木の空間が出来上がります。
2018-08-21 15.47.44 HDR_R
断熱気密スライド引き戸玄関ドア
スライド式のドアなので、大風の時など安心してドアの開け閉めができます。
20181026_130110_R
間仕切り差し鴨居
20181026_130058_R
リビング天井板
2018-11-14 16.14.17_R
階段鉄製手すり
手摺を鉄骨で造作しています。
手で触れる部分には、階段板と同質のタモ材を後で取り付けます。
2018-10-16 10.06.53_R
オーダーメイドキッチン
使いやすさや、デザイン等、お客様に合わせて造るフルオーダーのキッチンです。
DSC_9142_R
オーダーメイドキッチン
カウンターは水晶を配合した人工の石、今話題のクウォーツで出来ています。 
高級感もあり何時までも飽きの来ない愛着の湧くキッチンに仕上がりました。
DSC_9082_R
パントリー
洗濯後に部屋干しできるように、天井埋め込み型の物干しを取り付けてあります。
DSC_9066_R
玄関ホール完成
通常、吹き抜けやストリップ階段などがある場合は、冬はコールドドラフトで気流が発生して寒さを感じてしまったり、夏には吹き抜けに熱気だまりが起き暑苦しい空間になりますが、涼温換気の家は、全ての部屋の隅々にきれいな新鮮空気と、心地の良い温度を配ることで温度差がなくなり、コールドドラフトや熱気だまりが起こりません。
自由で快適な設計が可能になります。
DSC_9039_R
2F事務所スペース
造り付けの本棚を造作しました。 
上段の棚にはルールと戸車を入れ、横にスライドすることで、棚の奥にある書類も取り出せる2重構造の棚に仕上げてあります。
DSC_9024_R
涼温換気システム機械室
日常的なメンテナンスがしやすいように機会を設置してあります。
DSC_9131_R
リビング続き部屋
DSC_9132_R
リビング続き部屋
普段は扉を開けて広々とした空間にして、ゲストがお越しの際は扉を閉めてプライバシーを確保できるようにしています。
DSC_9100_R
伝統の木組みが映えるLDK
夜は間接照明で柔らかく木組みを照らすことで重厚で落ち着きのある空間になります。
DSC_9094_R
伝統の木組みが映えるLDK
2018-11-24 15.03.53_R
完成見学会