ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただいま建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

千葉県栄町 M様邸 高強度厳選国産材で建てる高性能低燃費型住宅

DSC_8860_R
地鎮祭
新築するにあたり土地神様に、この土地に家を建てるお伺い立てをし、工事中の安全祈願と、ご家族のご健勝、ご多幸を祈願しました。
2018-11-08 16.10.30 HDR_R
やり方だし
設計図書に従い、土地に建つ建物の正確な位置や、高さなどを出すために行う工事です。
2018-11-15 12.45.54_R
基礎配筋
かぶり厚、配筋のピッチ、つなぎの適切な長さ等を検査した後にコンクリートを流し込みます。
2018-11-30 09.34.57_R
土台敷き
特定樹種の桧の土台にすることで、白アリ薬剤を省略することができます。
白アリ消毒は、5年ごとの定期的な工事が必要な事と、室内環境を劣悪にする為、当社では使用はしません。
2018-11-30 09.46.12_R
基礎断熱
基礎の立ち上がり面と底盤面に、ネオマフォーム50mmを貼ることで、床下空間の断熱性能を上げ、床下換気口を省略しています。そうすることで、床下の温熱環境と空気環境を室内と同レベルにすることができます。

高温多湿でカビの胞子などをたくさん含む屋外の空気を換気口から取り入れると、床下はカビと腐朽菌の温床となり、家の寿命を縮めるだけではなく、人体にも健康被害を及ぼします。

2018-11-30 10.56.48_R
床合板
屋根がかかるまでに雨が降っても大丈夫なように、接着シールがついているシートを床下地材に貼り付け、ジョイントにテープで補強しています。
2018-11-30 11.16.19_R
上棟
和室入り口の大きな開口部分に伝統工法の差し鴨居を入れることで、耐震性能の向上と共に重厚な木組みが家の格を上げています。
2018-11-30 16.34.56_R
上棟
構造材は厳選された樹齢60年以上の紀州桧材を使用しています。
紀州山長材は、品質の管理がしっかりしているので、無垢材では難しいJAS認定を取得している高強度国産無垢材です。
2018-11-30 14.52.22_R
上棟
柱を垂直にしながら、仮の筋交いで固定しています。
2018-11-30 16.05.08_R
上棟完了
棟上げも無事完了しました
DSC_9163_R
上棟式
工事の安全祈願と竣工したのちも家を守っていただくように祝詞を奏上します。
2018-12-01 15.04.50_R
屋根工事
屋根面に水平耐力を待たせるために、構造用合板を構造用の釘で150㎜ピッチに打ち付けます。
IMG_1837_R
第一種全熱交換型換気扇
外気の温湿度と内気の温湿度を熱交換しながら室内全体の空気を循環させるダクト式の換気扇です。
夏の高湿度、高温度や冬の低湿度、低温度も室温と熱交換するので不快感が低減します。
又、ダクトで空気をむらなく運搬しているので、空気のよどみがなく室内にいやな匂いもこもりません。
第一種の換気扇は第三種の換気扇と比べ、住環境が著しく向上する換気設備と言えます。
IMG_1831_R
空気清浄フィルター
室内に送り込む外気は、一番初めに、高性能フィルターが取り付けてある空気清浄フィルターBOXの中を通り、空気を清浄化します。
その後に第一種全熱交換型換気扇が各部屋に新鮮な空気を運び常にきれいな空気が家の中を循環し家じゅうが快適な空間となります。
IMG_0363_R
床下基礎断熱
基礎の立ち上がり基礎底盤面(外側から910㎜部分)に断熱性能の高いネオマフォーム50㎜を張り付けています。 
そうすることで、床下の温熱環境が向上し床下が寒くなったりせず、室内と同じで床下も快適な空間にコントロールすることができます。
IMG_1791_R
無垢のフローリング
一枚物の無垢のフローリングで、表面に木目を浮き出させている浮造り加工がされ、滑り止め効果や木本来の温かみが楽しめる床板です。
IMG_1866_R
収納杉板貼り
杉材は調湿効果が高い事と、杉の匂いに防虫効果があるため、納戸や押入れ等収納スペースにも最適な材です。
2019-04-11 17.17.47_R
造作仏壇
仏壇の真上に神棚を置くことは神事、仏教ともによくないことですので、仏壇わきの押入れの上に神棚を造作しています。方角は南側に神棚が向くように設計しています。
2019-04-25 07.16.57_R
神棚雲板
神棚の上に飾り付ける波のような形をしているものを雲板と呼びます。 
空に流れる雲をイメージしています。
雲板の形は、昔から当社にある型板から図りだして加工しているオリジナルなものとなります。
DSC_9275_R
造作仏壇と神棚、完成
和室の施工は大工の技量と知識がないと仕上げることはできません。
床の間に対して天井の板をどの方向に貼るかなども考えて仕上げていかなければならない為、若手の大工には事細かに指導しています。
今回和室を仕上げたのは、この間、水戸工務店で年季明けをした関根(26歳)です。
若手も入社当時に比べると、責任感というモチベーションも自信とともに高まり職人としてもだいぶ頼もしくなってきたと感じています。 

2019-05-21 09.43.27_R
床下エアコン
住宅の断熱性能を東北地域以上に高めることで効果の得られる冷暖房方法です。

関東地方の次世代省エネ基準程度では機能しませんので注意が必要です。 
 
床下のエアコンは主に暖房用です。床下空間を温めて、各部屋のフローリングに空いているルーバー部分から、圧力で快適な温度がゆっくりと流れ出てきますので、エアコンの風を感じずに家全体が快適な温度環境になります。
DSC_9272_R
床下エアコン、TV台造作
TV台と合わせて造り込むことでエアコンが見えずすっきりとした仕上がりになります。
2019-05-21 09.50.39_R
床下エアコン吹き出し口
床下を温めた温度が圧力でゆっくりと流れてきます。
DSC_9284_R
室内物干し
空気をよどみなく循環させる計画換気だからこそできる室内物干しです。
梅雨時でも生乾きなどなく乾燥します。
DSC_9312_R
小屋裏エアコン
小屋裏エアコンは主に冷房用です。
小屋裏の空間を冷やすことで冷気が下の階に落ち家全体を冷やしていきます。
エアコンの操作はスマートフォンで操作できるものを選定しています。
DSC_9320_R
ウッドデッキ
南洋材のウリンのウッドデッキです。
30年メンテナンスのいらない高耐候の物です。
樹脂製の物よりも長寿命でデッキ部分が熱くならないので、性能と費用対効果に優れたデッキ材です。
DSC_9323_R
元気に仕事ができる家
初めてお施主様にお会いして言われたことがあります。

「私は毎日元気に仕事がしたい。そのためには空気がきれいで温度差がなく、一晩寝れば体の疲れが取れるそんないい家がほしいんです。」と、おっしゃっりました。

毎日元気に仕事がしたいというお言葉に
強く共感し、御要望に向けた家造りに励みました。
長く住み続けられるいい家が出来上がったと自負しています。

住む人が健康で快適に暮らせる家を常に思いながら一棟一棟大切に造っていきたいと再確認いたしました。