ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

ただいま建築中

  • 注文住宅
  • 国産材と丁寧な技術で作る水戸工務店の家 住み心地の良い注文住宅

船橋市 夏見台幼稚園新園舎 健康 快適 のびのび過ごす空気がきれいな木の園舎 木造耐火建築物

2019年10月
2019-03-27 10.21.08_R
地盤調査
近隣の地質データから、液状化の恐れがあることが分かったため、増築する部分の地盤をボーリング標準貫入試験で調査しました。
非常に軟弱な地盤と液状化の恐れありという試験結果だったため地盤補強工事が必須となります。
2019-10-21 11.01.54_R_R
試し堀り
少し掘ったら水が出てきます。 
2019-11-02 15.58.32_R
アルファフォースパイル打設位置
今回、木造耐火構造の建物のため総重量が鉄骨造並みとなります。
図面に記してある○しるしの位置に、翼付き鋼管杭を地中に20m以上打ち込んでいきます。
2019-10-28 11.35.58_R
アルファフォースパイル工法
液状化の恐れがあるため信頼性の高い認定杭、アルファフォースパイル工法で地盤補強をします。
2019-10-28 12.11.19_R_R
地盤補強工事中
鋼管を杭として(国規定の資材、設計法)を施工機で直接強硬な支持層まで回転圧入させ、建物を支持する工法です。
先端に取り付けた拡底翼で高い支持力を得られ非常に安全な工法といえます。
2019-12-14 10.02.58_R
杭工事完了
鋼管杭の位置や高さが適正か確認して工事完了となります。
2019年11月
2019-11-21 09.02.30_R
基礎工事
構造計算に基づき砕石地業後に配筋を組んでいきます。
2019-11-27 09.02.34_R
配筋工事
鉄筋が構造計算通りに配筋されているか、鉄筋の太さ、被り厚、重なりの長さ、配筋ピッチなどが適切か検査します。
地中梁を要所に入れることで基礎が強固になり地震時に安心です。
2019-12-14 10.04.51_R
コンクリート試験
コンクリート強度30N、100年以上の耐久性がある高強度コンクリートです。
工場で適切な値で配合されたコンクリートかを試験して、合格してから基礎を打設していきます。
2019-11-27 09.27.22_R
基礎耐圧盤コンクリート打設
高強度コンクリートは水分量が少なく流動性が弱ので施工には技量が必要です。
丁寧に施工してくれる業者の選定は不可欠となります。
2019-12-14 10.05.19_R
基礎工事完了
気泡やジャンカの無い、きれいな基礎が仕上がりました。 
基礎内側の高さを400㎜以上取ることで、床下の点検、メンテナンスが容易にできるよう設計しています。
写真 2019-12-17 13 52 05_R
土台敷き
完成した基礎の上に、水平レベルを合わせて土台を組んでいきます。
2019年12月18日
写真 2019-12-18 10 40 29_R
上棟1日目
構造材はウッドワンのLVL材、Jwoodを使用しています。
LVL材とは、4mmの単板を積層、圧着して造られる建材で、木材の乾燥による割れや変形が起こらない、極めて安定性の高い高耐久構造を保証できる構造材です。
2019年12月18日
写真 2019-12-18 14 45 40_R
組み立て
特殊な金物で構造材を接合することで、木材に余計な切り欠きが必要なくなるため、断面欠損がなくなり、建物が強固に組みあがります。
2019年12月18日
写真 2019-12-18 16 17 37_R
木造大開口6mスパン
6mのスパンを一般的な木材でとることは不可能ですが、梁成450㎜幅広のLVL構造材を使用することで、鉄骨造と同程度の室内空間を造ることができます。
2019年12月18日
写真 2019-12-18 14 41 24_R
2階床梁
2019年12月18日
写真 2019-12-19 10 57 46_R
耐震面材(床下地28㎜構造用合板)
構造用合板を専用の釘で、150㎜ピッチに止めることで水平講面の耐震性を確保します。
2019年12月18日
写真 2019-12-20 10 12 03_R
上棟1日目完了
2019年12月21日
写真 2019-12-21 10 10 31_R
上棟2日目
2019年12月21日
写真 2019-12-21 12 07 42_R
棟上げしました
無事、棟上げしました。 
まだ時間があるので屋根下地まで工事を進めます。
2019年12月21日
写真 2019-12-23 12 15 29_R
屋根垂木完了
片流れの屋根に少し丸みをつけ、柔らかなイメージの外観にしています。
2019年12月21日
写真 2019-12-23 12 31 23_R
上棟完了
IMG_2243_R
耐震面材
建物外周部に耐力面材のnovopan STP Ⅱを
貼りま。
構造用の釘で外周部分100ピッチ、中通り200ピッチでしっかり止めつけます。
IMG_2247_R
耐震面材
IMG_2244_R
2重耐力壁
柱、壁を設けずに室内空間をロングスパンで設計すると必ず耐震性の問題にぶつかります。
地震に強い構造にするには、建物が大きくなればなるほど、必要壁量(耐力壁)を増やさなければなりません。
しかし,壁の量を増やすと室内は狭くなり、使い勝手が悪くなってしまうため色々と工夫が必要となります。
構造計算を行い基礎を太くし、柱を2本抱かせて耐力壁を2重にすることで高倍率の壁とし、それを要所に配置して耐震性を高めています。
IMG_2369_R
2重耐力壁
2重壁は、施工手順を誤ると、構造金物が取り付けられなくなるため、現場で耐力壁のパネルを造りながら慎重に工事します。
IMG_2363_R
全構造体防蟻処理
ある程度構造部分が出来上がったところで、建物の木部全体にボロンdeガード(ホウ酸系薬剤)を吹きかけていきます。ホウ酸は人体に対して悪い影響がなく、半永久的に効果を発揮するため、最も安全で効率の良い防蟻処理剤といえます。
IMG_2088_R
全構造体防蟻処理
塗りにくい部分は先行して防蟻処理を行っています。
IMG_2415[1]_R
構造検査
図面に記された箇所に、適切な金物やボルト、ビスが使われているか、ゆるみや抜け落ちがないか等確認し、構造検査チェックシートに記入していきます。
IMG_2376_R
構造検査
50KN以上の高耐力ホールダウン金物は、それを接合するボルト自体も高耐力金物専用の物を使用しなければならない為、細かい部分のチェックもしっかり確認していきます。
IMG_2336_R_R
ルーフバルコニー耐火被覆  
1層目
小面積のルーフバルコニーであれば、床部分の耐火被覆は必要ないのですが、今回のルーフバルコニーは面積が大きいため、1時間耐火、床仕様の工事となります。
通常の石膏ボードはぬれると脆くなり使用できなくなりますが、外部用(タイプZ-WR)の強化石膏ボードは雨に強く、工事中の悪天候等で石膏ボードが傷んでしまう心配はありません。
IMG_2345_R
ルーフバルコニー耐火被覆  
2層目
木造耐火用の強化石膏ボードは、厚みが21㎜あり、継ぎ手をずらして2重に貼るので総厚みは42㎜となります。
IMG_2355_R_R
ルーフバルコニー耐火被覆完成
規定の間隔でビス止めして完了です。

IMG_2527_R_R
透湿防水シート
バルコニー部分は、防水工事が終わるまでに雨が降ると、水が溜まってしまうため、防水工事が始まるまで雨養生しています。
IMG_2529_R_R
窓廻り耐火被覆
21㎜の強化石膏ボードで、木部すべてを覆うように、継ぎ手をずらしながら貼っていきます。
IMG_3739_R
ルーフバルコニー耐火被覆上断熱工事
ルーフバルコニーの真下は室内空間です。
南向きのルーフバルコニーは、真夏の熱射を一番受ける部分のため、しっかり断熱工事をしなければ、夏の冷房負荷につながると共に天井面から輻射熱がジリジリと侵食して来るため、とても不快な室内環境になってしまいます。
当社では基本的にやっていることですが、室内環境をよくするために耐火被覆の上から、高断熱材のネオマフォーム50㎜を外貼り外断熱とし、室内側からも高性能グラスウール16K100㎜を挟み込むことでW断熱としています。
一般的に使われている10kグラスウール、250㎜厚と同性能となるので、次世代省エネルギー、断熱性能地域区分Ⅱ地域(青森、岩手、秋田)のレベルに達している超高性能な建物といえます。
IMG_2702_R
ルーフバルコニー床工事
構造用耐水ベニヤを2重に貼っています。
床下に空間を持たせ、空気が外壁側に流れるようにしているので、躯体内の熱と湿度がたまらなくなり、室内の温熱環境の改善と、構造躯体の長寿命化につながります。
IMG_2808_R
下地追従型緩衝工法
FRP防水は繊維強化プラスチックで出来ており、軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性に優れている素材ですが、その反面、地震時の建物の動きに追従できず防水面に亀裂が入ってしまう事があります。
今回は大面積のルーフバルコニーですので、FRP防水を施工する前に絶縁緩衝マットを床面に張り付ける下地追従型緩衝工法で防水工事を行い地震の揺れに対応できるようにしています。
IMG_2818_R
FRP防水工事
絶縁緩衝マットの上にガラス繊維を貼りつけて強固な防水面が出来上がりました。 
最後に防水面にトップコートで保護、色付けをして完了です。
IMG_2548_R_R
外壁耐火被覆
耐火被覆が窓廻りもしっかりと連続するように工事しています。
外部の耐火被覆はほぼ完了しました。
この上から透湿防水シート、通気胴縁、窓などが着いていきます。
IMG_2579_R_R
内部耐火被覆
土台を耐火被覆でしっかりと覆ってから床を貼っています。
手順を間違えると、耐火被覆が連続せず不完全な工事となります。
IMG_2753_R_R
内部耐火被覆
階段踊り場
階段の踊り場は1時間耐火仕様、階段の段板部分は30分耐火仕様となるため、施行要領が変わります。
確実に1時間耐火の仕様で踊り場を完成させ、耐火仕様チェック後に30分耐火の階段工事に入ります。
IMG_2830_R
2階床耐火被覆
21㎜の強化石膏ボードを振動緩衝ボンドでのり付けして、継ぎ目をずらしながら2重張りしていきます。

IMG_3064_R
屋根板金工事
屋根板金はSGLカラーガルバリウムを使用しています。
SGLガルバリウム鋼板は、従来のガルバリウム鋼板よりも3倍錆びに強いというもので、そういった高耐久なものを選定することで、後々のメンテナンスに負担がかからないようにしています。
IMG_3027_R
屋根板金工事
IMG_3062_R
屋根板金工事
屋根工事完了
IMG_2925_R
外部耐火被覆貫通処理
外壁側に機械換気扇用の穴をあける為、耐火ボードで風洞を造り外部と内部の1時間耐火被覆を連続させています。
IMG_2887_R
内部防火区画貫通処理
外側と同様に換気用風洞部分を1時間耐火被覆で連続させています。
IMG_2896_R
防火区画
強化石膏ボードを(耐火ボード)21㎜を床から屋根面迄2重に貼りあげ防火区画とします。
IMG_2747_R
基礎断熱
基礎立ち上がり面の内側と、基礎底盤面に、断熱材ネオマフォーム50㎜を接着して気密、断熱補強することで、床下空間に外気(温度、湿度)や害虫などが侵入できない環境を造っています。
室内と床下の温熱環境を同じにすることで、夏のジメジメとした足触りや、冬の底冷えも無くなり新園舎全体を快適な空間にコントロールすることが可能となります。
IMG_2742_R
壁断熱工事
壁には高性能グラスウール16k100㎜(10kグラスウール130㎜相当)を使用しています。
グラスウール断熱材を使用す場合には適切な工事が必要です。
断熱材を押し過ぎれば中に含まれている空気がなくなり断熱効果が損なわれ、隙間があると断熱欠損を起こすため、冷暖房時に壁の中(見えない部分)に温度差が生じて結露が発生し、最悪の場合は構造体が腐ってしまうほどです。
一見簡単そうに見える工事ですが、しっかりとした知識ありきの大事な工事となります。
IMG_2759_R
透湿可変シート
断熱材を入れた壁の中の防湿対策としは、安価なポリエチレンフィルムを選択している事がほとんどです。
生活することで多く発生する室内側の湿度が、グラスウール断熱材を入れた壁に入らないようにする事のみを考えている
物なので不十分といえます。
近年解ってきたことではありますが、夏の温度勾配(外の高湿、内の低湿)や、新築時の基礎コンクリートの放出湿度、梅雨時期から蓄積された湿気の蒸し返しなどにより、断熱材を入れた壁の中で湿度が発生し、室内側のポリエチレンフィルムの表面に結露が発生する恐れがあることが解りました。
ポリエチレンフィルムの代わりに透湿可変シートを貼ることで、室内の湿度を止め、壁の内側に入った湿度は室内側に排出することができるので、結露の問題は解決されます。
IMG_2768_R
1階 床下地工事
土台部分の耐火被覆を完了してから床の下地をしていきます。
IMG_2948_R
天井断熱工事
ルーフバルコニー直下の天井となるため、外張りした断熱材と密着するように天井の断熱材を入れなければW断熱の効果がなくなります。
確実な性能を発揮するには断熱のラインには注意が必要となります。
IMG_2954_R
天井耐火被覆下地工事
耐火被覆下地材の大きさ、止めつけるピッチ等、木造耐火認定書に沿って施工ていきます。
IMG_2995_R
耐火被覆完了
壁、天井ともに継ぎ手部分に、ガラスファイバーメッシュテープと石膏系パテで耐火処理を施して完了です。
IMG_2988_R
継手処理
1階の床は耐火被覆外なので耐火工事は必要ありませんが、2階の床は壁、天井同様に、ガラスファイバーメッシュテープと石膏系のパテで床のジョイントを処理していきます。
IMG_2993_R
耐火被覆完了
IMG_2992_R
電気配線経路 2重壁
電気配線用の壁を設けることで、耐火被覆や防火区画に電気配線の穴をいたずらに開ける必要がなくなります。
又、将来的に電気配線など増やしたい場合にも、耐火被覆を傷つけることなく容易にコンセントなどの増設が可能なので安心です。
IMG_3015_R
天井配管経路 2重天井
天井にも空調ダクトや電気配線、水道配管が容易に施工、メンテナンスができるように耐火被覆の外側に空間を設けています。
IMG_3032_R
30分耐火 木造階段
昨今、階段もロボットで加工できるため、自分で階段の割り出しや墨付け、加工ができる大工さんはめっきり減ってしまいました。 
木造30分耐火の階段は寸法や材寸が特殊なので、ロボットでの加工はできません。
そのため、ほとんどの建設会社は高額な鉄骨の階段を選択しています。 
当社は伝統的な木造が得意なので木で造るほとんどの物は造作加工できます。
IMG_3033_R
30分耐火 木造階段
強化石膏ボードや仕上げ段板の厚みなどを計算してから、寸法を割り出し墨付け加工していきます。
IMG_3035[1]_R
30分耐火 木造階段
木造30分耐火の階段材が認定以上の厚みや幅が確保できているか計測しています。
IMG_3034[1]_R
30分耐火 木造階段
IMG_3058_R
30分耐火 木造階段
強度の強い下地材を取り付けていきます。
IMG_3067_R
30分耐火 木造階段
構造用合板で下地を造っています。
IMG_3150_R
30分耐火 木造階段
階段段板部分に、強化石膏ボード15㎜+12.5㎜をアルミテープを併用しながら2重に貼っていきます。
裏面も同様に強化石膏ボードを貼り30分耐火被覆は完了です。
IMG_2735_R
透湿防水シート
2次防水と呼ばれている部分で、経年劣化や台風などで、外壁材(サイディング等)、屋根などから入ってしまった雨水を内部に侵入させないための大事な工事です。
2次防水で使用されているほとんどの物(外壁材にもよる)は透湿防水シートといわれるものです。
各メーカーたくさんの物を出していますが、透湿防水シートと名前がついている物であれば何でも良いと言う訳ではありません。
建物の高寿命化を目指すのであれば、それなりの物を選定する必要があります。
当社でおすすめしているのが、WURTHのウートップサーモ(ドイツ製)です。3層構造になっている透湿防水シートで、透湿性、防水性が高く強靭で高耐久の物です。
大事な工事のため、他業者に任せずに自社大工が責任をもって工事します。
IMG_3104_R
IMG_3100_R
2020-04-15 14.03.39_R
2020-04-15 14.04.17_R
2020-04-15 14.07.50_R
IMG_3327_R
2020-04-15 14.10.52_R
2020-04-15 14.10.11_R
2020-04-15 14.10.56_R
2020-04-15 14.10.34_R
2020-04-15 14.15.19_R
2020-04-15 14.19.37_R
2020-04-15 14.16.47_R
IMG_0109_R