ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

フォトギャラリー

  • カテゴリー
  • サブカテゴリー

和室集

押入れの下部に地袋を設け、就寝時も風を取り入れられる設計です。
日光杉の床柱を入れ、そこに奥行きを違えた仏壇置き場を造りました。天井は杉の浮造りの目透かし天井です。
茶室として使用する和室。畳の一部を炉として切ってあります。奥の扉は水屋につながっています。
二間続きの和室は差し鴨居でつなぐことにより、丈夫さをフレキシビリティを両立しました。
日光杉の床柱を入れました。格天井は杉の浮造りを使いました。
出書院に東濃檜の差し鴨居を入れました。床柱は一位の八寸角を使用。
床柱は紫檀、掘り炬燵も床柱に合わせて紫檀で造りました。掘り炬燵の熱源は温水で行っており、マイルドな暖かさになっています。
書院のある、本格的な和室です。襖を開けば、リビングと一体空間の大きな部屋になります。
最近少なくなった二間続きの和室。東濃桧の柱とさし鴨居、無垢板で作った出窓や床の間など、こだわりの空間です。