ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

大工一代 水戸工務店の歩み 大工一代 水戸工務店の歩み

「 一日でも早く働いて、母さんに小遣いをあげるんだ― 」

水戸工務店創設者
棟梁・小林良三物語

The history of MITO

人一倍負けん気が強い少年は、
人一倍努力して棟梁になった。
弟子を育て、家族を慈しみ、
自分の家を建てるつもりで
お客様に向き合う生き方の底には、
自分を犠牲にしても
子どもたちを育ててくれた、
やさしい母への感謝の思いがある。

The history of MITO

人一倍負けん気が強い少年は、
人一倍努力して棟梁になった。
弟子を育て、家族を慈しみ、
自分の家を建てるつもりで
お客様に向き合う生き方の底には、
自分を犠牲にしても
子どもたちを育ててくれた、
やさしい母への感謝の思いがある。

The history of MITO  01

腕白少年と母の愛

私の出身地は水戸で、5人兄弟の3番目です。家は農家でしたが、父が大酒飲みで稼いだだけ飲んでしまう。母が必死になって切り盛りし、何とか一家が食べているという有様でした。

私は小さい頃からいたずらっ子で、学校は大好きでしたが、給食費を持って行く時だけが嫌でした。その時の切ない気持ちは50年以上経った今でもよく覚えています。

忘れもしません。中学2年の時、学校から犬吠埼の灯台にバスで遠足に行くことになりました。費用は1,600円。母に切り出せず、私は行かないと決めていました。ところが友人のお母さんが「良三さんはどうして行かないの?」と訊ねたことから母に知られてしまいました。

「何で言わないの」。母はそう言って、近隣の農作業を3、4日手伝うという約束で1,600円を工面してきてくれました。

嬉しかった。でもみんなはお小遣いを持っていくのです。そこまでは流石に母もできなかったのでしょう。遠足の日の朝、そっと私を呼んで言いました。

「ごめんね。お小遣いをあげたいけれど、お母さん、これだけしかないんだよ。これでよかったら持ってお行き」。

母が開けたがま口の中には、10円玉がひとつ入っていました。

「いらない」

それだけ言うのがやっとでした。貧乏はいやだ。貧乏はいやだ。俺は早く働いて一日でも早く母さんにお小遣いをあげるんだ。

この日の体験は私の中に深く根を下ろし、やがて誰にも負けない仕事をするという原動力になっていったのです。

柏市にあるのに水戸工務店、その名前の由来と歩み

ある工務店です。その由来は創業者の出身地が水戸であったため、故郷への愛を込めて名付けられたものです。
「大工一代~水戸工務店の歩み~ (少年時代~大切なのは人の和)」では、創業者の幼少期から、いかに大工になることを決心し、どのように現在に至ったのか、そのプロセスを掲載しております。修業時代を経て、独立以来400棟以上の注文住宅を手掛けてきた、創業者の想いと努力をご覧ください。
この大工一代記は、「少年時代」「修業時代」「家つくりは天職」「大切なのは人の和」編の4部構成になっております。当工務店の家づくりに対する熱い気持ちを綴っており、こちらを読んで頂ければ職人として仕事に真面目に取り組む姿勢を感じて頂けるのではないでしょうか。柏市で信頼の水戸工務店の歩みを、ぜひご覧ください。