ページトップへ

注文住宅 千葉県柏市 涼温な家 水戸工務店

新・我ら水戸ファミリー 大工たちの
「伝えていく技と想い」

大工たちの作業場

社長を退任し、若手大工の指導に専念するようになった良三。しかしなぜか朝の作業場に顔を出すのは控えるようになった。じつは、良三の気合声のすさまじさに縮み上がった新入り大工が、仕事場に道具を忘れて行ってしまうという失態があったのだ。「いまの若いモンは・・・」とぶつぶつ言うこともなく、すっぱり身を引くあたり、やはり男らしい良三である。

良三に代わって現場の要となる辰成は、黙っていても職人としての心構えがその立ち姿ににじみ出て、周囲の空気が引締まる。脇を固める増田賀一、吉田友也の中堅陣も迫力十分。それをベテランの安秋夫や鈴木秀雄が穏やかに見守っている。

大工たちの作業場

大工たちの作業場

  • ・・・と、そこに良三が現れたと思ったら、猛烈な勢いで若手の指導をし始めた。

    「そうじゃねえだろ、よく見ろ馬鹿野郎!」。

    響き渡る大声。それを合図のように空がみるみる黒くなったと思ったら、たちまち大雨になり、雷鳴まで轟き始めた。ついに本物の雷まで呼ぶようになったカミナリ親父に、「嘘だろ?!」青ざめる大工たち。その親父が立ち去った後、何事もなかったかのように晴れ上がったことは言うまでもない。

(編集部注:ここに挙げた天候に関する記載は、2014年5月9日午後に千葉県柏市布施周辺で実際に起こったことです)

吉田真美が語る!「水戸の大工たち」

吉田真美が語る!「水戸の大工たち」

マミです。お久しぶりです。水戸工務店の大工の一人・吉田友也と結婚して今では美海、悠真という2人の子供の母親になりました。大工は続けたかったけれど、子供をしっかり育てるのがいまの私の大切な役目。当分は日曜大工で居ようと思います。

2014年、自宅を建てさせていただくことになり、涼温換気の家を夫が自身の手で建てました。現場で後輩のワタル(入江亘)が腕を上げているのに驚きました。腕だけではなく態度も大人びて、目配り・気配りもよく出来ていて頼もしく思いました。

そして改めて、私もじつの娘のように、この工務店で育てられてきたのだなあと感じたのです。うちの子たちも水戸ファミリーの一員として、皆さんに可愛がっていただいています。こんな大家族ってほかにはないですよね?それでは、大工さんたちからもひと言!

吉田真美

平成16年、大工育成塾2期生として入塾し、水戸工務店に修行で来る。
3年間の大工育成塾カリキュラム終了後、平成19年に水戸工務店に入社。平成21年、同じく水戸工務店大工、吉田友也と結婚、妊娠を機に休職中。

  • やすさん
    安秋夫
  • 安秋夫
  • ベテランやすさん(安秋夫)
  • 「みんな順調に成長していて、私は安心して見守っています。棟梁はまだまだ元気。後進を育てることに専念できるからかえって精神的にも良いんじゃないのかな。あの怒鳴り声を聞くと私たちも気合が入ります」
  • ヒデオさん
    鈴木秀雄
  • 鈴木秀雄
  • ベテランヒデオさん(鈴木秀雄)
  • 「子供の頃から家づくりが好きでこの道に入りましたが、気がつけばもう33年、水戸工務店でお世話になっています。それでもまだまだ難しいことが多く、現場では気を抜けません」
  • むっちゃん
    宗像六男
  • 宗像六男
  • ベテランむっちゃん(宗像六男)
  • 「左官は自然を相手にする仕事。だからなかなか思うように行きませんが、そこがまた魅力なんです。体が動く限り、全力で頑張りますよ!」
  • ヨッチ
    増田賀一
  • 増田賀一
  • 中堅です!ヨッチ(増田賀一)
  • たつさんが親方になって、緊張感はこれまでと変わらないけれど、同世代であるだけに踏み込んだ話がしやすくなりました。この大工チームを引っ張っていけるよう、自分たちが頑張らないと!
  • マコト
    今野誠
  • 今野誠
  • 中堅です!マコト(今野誠)
  • 「汚れ仕事も率先して引き受けていた先代を見習って、気配りと行動力のある大工になりたいです。木と木を組んで、出来上がった時の喜びは何とも言えません。好きな言葉はポジティブ!」
  • トモ
    吉田友也
  • 吉田友也
  • 中堅です!トモ(吉田友也)
  • 「自分の家を自分で建てさせてもらって、お客さんの気持ちや、他の職人さんがどういう風に考えて仕事をしているかが、より鮮明になりました。この経験をこれからの仕事に生かしていきたいと思っています」
  • ワタル
    入江亘
  • 入江亘
  • 期待の若手ワタル(入江亘)
  • 「5年間の修業で、替えの効かない材料を刻む怖さや緊張感、先を読んで仕事をすることの大切さがようやくわかりかけてきました。体力もすごくつきました。水戸工務店は社員皆の距離が近く、一体感のあるところがとても良いです」
  • ヒロキ
    関根大貴
  • 関根大貴
  • 新人トリオヒロキ(関根大貴)
  • 「大工塾出身です。今まで怒られたことがなかったので、いろんな人から怒られることに最初はショックを受けました。帰りたくなったことも…。でも小さい頃からなりたかった職業なので我慢しました。いまでは我慢して良かったと思います。最近では次に何をすればよいかが自然にわかるようになってきました」
  • ユウタ
    寺島佑太
  • 寺島佑太
  • 新人トリオユウタ(寺島佑太)
  • 「水戸工務店のことは自分で調べて、募集はしていませんでしたが頼み込んで採ってもらいました。散々叱られても続けられた理由はよくわかりませんが、続けていて良かったことだけははっきりしています。ここは厳しいけれど、あたたかい場所です」
  • トシ
    小林俊皓
  • 小林俊皓
  • 新人トリオトシ(小林俊皓)
  • 「保育園に行く前から父のようになりたいと思っていました。親子なので厳しくされることは覚悟していましたが、想像以上かも・・・。でも祖父が興した会社を潰したくない、自分も何か力になりたいというのは正直な気持ちです。結婚も家業を手伝ってくれる人としたいと思っています」
我ら水戸ファミリー seasonⅠ